神話:すべての売春婦は病気に感染しています。
事実:売春婦は、最も安全な性行為と病気の予防を提供する専門家です。できるだけ安全に働くのは売春婦の仕事です。しかし、必死の対策に訴える人もいます。

神話:トリックを回す人は同性愛者です。
事実:トリックを回す多くの人は、生存の理由でそれを行っており、「有料のゲイ」と見なされています。

神話:売春に入る平均年齢は14歳です。
真:トロントの性犯罪ユニットによると、子供たちは最も危険にさらされており、性的取引に参入することに対して脆弱です。

神話:売春婦はセックス中毒者であり、彼らの仕事が好きです。
事実:売春婦の1%だけが実際にセックストレードで働くことの楽しさを報告し、他の99%はそれが仕事であると感じ、お金のためにそれをします。多くの女性は、セックスワークの繰り返しと鈍感な性質の直接の結果として、深刻な信頼と親密さの問題を抱えていることを明らかにしています。

神話:屋内の場所で働く売春婦は、路上で働く売春婦よりも安全です。
事実:屋内で働く多くの売春婦は、彼らのトリック/クライアントの手による暴力を経験しました。屋内で働くことの不可視性は、レイプや暴力のリスクを高めます。屋内の場所には未成年の少女や麻薬の売人が住むこともあり、暴力や犯罪行為の可能性がさらに高まります。

神話:売春で働いた経験のあるほとんどの人は、非犯罪化または合法化されたシステムを支持しています。
事実:すべての売春婦は異なります。しかし、女性が事実を知ったら、ほとんどの人は、あらゆるレベルでの売春は女性の搾取であり、売春を合法化することはそれを虐待者にとってより魅力的にするだけだと考えています。売春斡旋業者と人身売買業者。ほとんどの女性は、セックスワークに代わるものを見つけるのに役立つシステムをむしろ支持したいと思っています。